怒らせてしまったら、何が出来る?女心のサインをキャッチして

03/29/15

女性の友達や職場の同僚・上司、パートナーを怒らせてしまう事は今、あまり起こっていなくても未来に十分、起こり得る事ですよね。しょっちゅうと言う人だっていて当然ですよ。人間関係を築く上で、他人同士ですので衝突や意見・考え方・価値観の相違は生まれて当然の事。

逆に、相手が自分を怒らせる事も大いに有りますね。男性を怒らせるのと女性を怒らせるのは違うのでしょうか。謝り方としてはどんな謝り方が効果的なのでしょうか。すぐ謝ったは良いものの、かえって火に油を注いでしまったりなんて事は無いでしょうか?謝り方も知っておくと活かせるだけでなく、周囲の女性達と良好な関係を築く事が出来そうですね!

まず、謝るタイミングです。すぐ「ごめん」と謝っただけではあまり怒っている女性には伝わらない事が多いですよ。何に対してあなたが謝っているか、本当に悪いと思って心から謝っているのか、そうは思えないからです。人の怒りを買ってしまって、すぐにでもそれから逃れたいのは誰でもそうで、良く分かりますが、これでは火に油を注ぐだけなので止めた方が良いでしょうね。だったら、一体どうやって謝ったら良いのでしょう。

女性が自分がした何に対して怒っているかあなたは分かっていますか?誤解してはいませんか?女性に対して不快感を与えてしまったのに、同じ事を繰り返す可能性は謝って本当にもうゼロだと言えますか?あなたの考えは元々どうでしょう。すぐに謝ってしまっては、自分が持つ考えに沿ったものでないのでは?

人間なら誰しもそうですが、感情には波があり、かっとなって怒りをぶつける時間というのはそんなに長くいつまでも続かないものですね。相手の言い分を理解したら、自分も責められた事でつい苛々してしまうと思いますが、ぶつけ合ってしまっては修復はどんどん難しくなっていってしまいますね。感情が高ぶった時というのは、売り言葉と買い言葉で普段言いたくもない事や思っていても相手を思いやる中で言ってはいけない言葉まで言ってしまったりするものです。言われて傷付くのはお互いなんですね。

そんな時の対処策としては、どんなに短くても良いので少しお互いの冷却期間を設ける事が必要ですよ。「頭を冷やす」とは良く言う言葉ですが、怒りに身を任せて相手と決裂してしまうのではなく少し時間を置いて自分の考えをゆっくり伝えましょう。あなたも親だったり兄弟と喧嘩をして、「何であんな事を言ってしまったんだろう」と言う事は往々にして一度はあるはず。言い難いかもしれませんが、頭を冷やした後で本心ではない事と後悔している事を必ず伝えましょうね。

反省しているなら反省の気持ちも、これからはどうしたいのかを相手へ伝えて。自分が間違っていないと思うなら、それをお互いに落ち着いた気持ちの時に伝えたら相手も二人の妥協点を見つけようとしてくれるはずです。ひと呼吸置いて頭を冷やしてからのこの行動が出来れば、周りの人達からも大人の対応だと見直されるはず。ぜひやってみて下さいね。

疲れているサイン、そんな時に女子がして嬉しい事って?

03/28/15

「仕事から帰ってきたら家では癒してくれる女性が良い」なんて人は多く男性の中に居るのでは?普段は癒す側の女性でも、時には疲れてしまう事も有りますね。一緒に暮らしていればそんなサインに気付いて当然。円滑に生活が送れるようにパートナーとしての相手を労われると良いですよね。責めたりしてはダメ。

パートナーなら支え合うのが基本ですから。中にはなかなか頼れないで頑張り過ぎてしまう女性もいるはず。男性もそうで有るように、時には疲れているパートナーに対してほんの少しからで良いので、思ったら口にしてみるから始めてみましょうね!女性にとって、どんな彼からの言葉や行動が嬉しいか教えますね。

女性が疲れていると感じて、その際に自分に余裕があればマッサージを買って出る等が良いですね。上手い下手は取り敢えずとして、あなたの気遣いに嬉しいと思うはず。あなたも疲れている時に彼女が気遣って、マッサージを買ってくれたら嬉しいと思うはずです。自分の立場になって考えてみられると良いですね。長い事一緒にいるとお互い、なかなか言い出せなくなってしまう事も多いですが、ちょっとした勇気で解消ですね。喜ぶパートナーの顔を見たら自分の労働なんてどうでも良くなるかも。

「出来る家事を何かしら手伝う」「料理を作ってみる」、スイーツやディナーを「ご馳走する」でも効果的です。出来ない家事を手伝ったら、余計に苛々女性をさせてしまうかもしれないので、出来る事を頑張るのが大事。立ち上がって「お茶を淹れてあげる」くらいなら出来るのでは?スイーツやディナータイムを共にするのであれば、あなたも一緒に気持ちもリフレッシュ出来るのでおすすめです。精神的な疲れなら尚更、気持ちが凪ぎますね。

仕事で落ち込んだり、悩みを抱えていて気分が落ちているようであれば、そんな話に耳を傾けて味方になってあげるのも効果的かも。アドバイスをしてあげても良いですし、女性にとってはただ聞いてくれるだけでも心に整理がつき、気分の安定がはかれるものでもあるんです。女性の話は長く、脈絡なくて苛々したりする事が多いと言うあなた。相手の事を思う気持ちがあれば、余裕に構えてちょっと堪えて聞くに徹してあげて下さいね。会話を中断されるとあなたはどう思いますか?あまり良い気はしませんね。

もしも体力的に疲労困憊なら、さりげないちょっとした一言を掛けるだけでも女性は嬉しいものですよ。誰とも話したくなさそうであれば、少しの間あなたは寂しいかもしれませんが、彼女を一人にして見守る大人の余裕も必要かも。

つい疲れている時は苛々してしまいがちですが、「お疲れ様」「ありがとう」「一日良く頑張ったね」でも全然違います。苛々して図らずもキツイ言葉を向けてしまった後でも、直後だったり翌朝でも良いのでフォローを忘れないようにもしましょう。相手を慮る事が自分へも返って来る事なので、見返りを求めてはダメですよ。自分の大事な存在であればあるからこそ、出来る限り労わって大切にして下さいね。

拒絶だけど拒絶じゃない?!隠れた女心のサイン

01/10/15

「拒絶」と言っても二種類がまず、思い浮かぶんじゃないでしょうか。強固な「拒絶」と柔らかな本心を隠した「拒絶」の二種類です。男女関係において、他人行儀であればある程強固な拒絶でも女性は柔らかく相手へ伝える事が多いですよね。第一には、この二種類の拒絶の内のどちらなのかの見定めが必要でしょう。どのように違うのか、また、拒絶だけど拒絶じゃない女心って一体どんななのか、の謎にも迫りたいと思います。

男性はもしかしたら狡いと思うかもしれませんが、男性は思い切って言ったお誘い程、拒絶にあうとショックを受けてしまったりしますよね。もちろん、アプローチを続けられる屈強な男性もいる事でしょう。ですが、最近では草食系男子も増加していますよね。自分からお誘い、というのはとても男性にとって勇気が要る事である事も、女性は念頭に置いておいた方が良いでしょうね。

心からの拒絶か、拒絶でないか、はやはり二回繰り返してみてどちらとも断定での同じ回答ならば心からの拒絶に近い事が多いでしょう。女性だけでなく、日本人は二度、繰り返しお願いしてみて同じ回答であれば覆すのは難しいとされていますね。例外はもちろん有ると思いますが。
また、あなたとの関係が壊れないようにオブラートに包んだ拒絶を伝えている場合も有ります。

普段の会話はいかがでしょう。会話は自分が常に振っている等という事は有りませんか?彼女から話題を振られたり、話を膨らませたり質問を投げかけられたりはありますか?興味がなかったり素っ気ない素振りが見えるものです。更に、友人話をして自分ではなく友人に興味がありそうだったり、紹介して欲しいと言われたりはいかがでしょう。あなたにはあまり興味が無いサインなのでそこは気付いて下さいね。

言い方が曖昧だったり、語尾を濁されている場合は特に注意が必要ですね。心はそうしたくても、何か引っかかる事が有るのかもしれない、場合も考えてみる必要があるからです。思い当たる事はないでしょうか。まずそれらを聞き出すなりして解消してみてからが一番の正解ルートです。女性に対しては心から攻めるのが正攻法ですね。全てがそれだとは限りませんが。

それが次のような場面です。女性にとってちょっとあなたとの関係が進む事に躊躇してしまっていてもうひと押しな場合も有りますので、それは男性の魅力と押しの強さが勝負ですね。何で女性は「嫌」と言うのか、その心理はあなたの強引さがもう一歩欲しくて、柔らかく拒絶している場合も有るので、自分の判断を頼りに決断しましょう。判断材料としては目を見つめてみましょう。あまり気にならない、心からの「拒絶」の相手であれば不快感を示すはず。気になる相手であれば逆に、微笑んだり照れ笑いをしたりするはず。

勘違いをしてしまっては女性の不快感を煽ってしまうだけなので要注意。躊躇の一線を越えてしまえば、女性はあなたに心も同時に落とされてしまうかも。案外、呆気ない時もあります。良く見定めた上で、彼女の心を掴んで下さいね。

気持ちの波が有りすぎる女子、これってどんなサイン?

01/09/15

女性は気分の波があるイメージが強い人って多く有りませんか?機嫌が悪そうだったのに、いつの間にか機嫌が良くなっていたり。機嫌がよかったのに何かの切っ掛けに悪くなってしまったり。家庭や、プライベートな女性との関係でもしかりで職場の人間関係でも、自分が悪いのかと思ってしまったりしますよね。何が地雷なのか掴みたくても、なかなか掴めなかったり。男性にも居なくはないのかもしれませんが、女性の特徴かもしれません。こんな女性が身近にいた場合、あなたは一体どう思うでしょう。関わりたくないと思ってしまうかもしれませんね。

でも、女性の方も好きであなたや周囲に辛く当たってしまっている訳ではもちろん無いんですよ。誰でも、対人関係においては良好な関係を紡ぎたいと常に思っていますし、そんな女性がそう思っていない訳が無いんです。ただ、少し理解が必要かもしれません。どんな風に付き合って行ったら良いのか、更にどんな女心なのか、を教えますね。

女性は出産を経験したりですとか母になる可能性を秘める体なので、精神的にも良く強いと言われますが、全部が全部そうでもないんです。女性は男性に比べて適応力も強いと言われていますが、これも全ての女性に限った事ではありません。普段の生活にストレスが掛かってしまっている可能性も有りますね。生活環境や職場環境等、です。生まれ育つ上で持った性格・特性・気質等、本来の自分が発揮されていないため、周囲にうまく適応出来ていない面もあるかもしれない、と思うのも一つです。

また、一時的なもので有る可能性も大いにあります。女性にはご存知の通り、生理周期が月に一度巡ってきます。排卵期を挟んで、前後に分泌するホルモンがエストロゲンとプロゲステロンの二種類有り、大きく変わってきます。あまり体調の変化が見られない人もいるのですが、生理前二週間ほどから体調不良の症状が出る人もいます。生理前症候群として問題にもなっていますね。冷え等も大きな原因とされていますが、大きな症状は人により様々ではありますが、胃腸の不快感だったり下痢・吐き気・便秘だったりと様々です。男性には見受けられない事ですよね。

生理中も当然ながら腹痛、ひどい人はそれ以外の症状を伴いますので、服薬していたり気分が悪かったり貧血だったりと周囲に対する余裕が普段より無くなってしまう事も多いと思います。

女性の体は月に一度排卵があるのですが、卵子を育てるべく高温期と言って体を温める仕組みになっています。なので、寒かったり周囲が冷えていると冷え性の女性は近年増加傾向でもあるので、応えるんです。十分に体を温める事ができなければもちろん、妊娠出来ないんです。周囲の温度変化に敏感に体がなってしまい、気を配らなければならない理由はそれでもあるんですね。

そんな時に傍にいて、どうしたら良いのか、困るでしょう。なかなか女性から男性には漏らせない事でもあります。そんな心境もちょっと察してあげましょうね。何も出来なくても、掛ける言葉に少しでも配慮したり、見守る等でも良いんです。ちょっとした気遣いがあなたに出来そうならどんなに小さな事でも良いので彼女を気遣ってあげて下さいね。