女心って、そんなに変わりやすくて難しいのか知っておいて

女心って、難しいものですよね。女心と秋の空という言葉も有名でそれ程に変わりやすいものであって、同時に掴み難いものというイメージがありますね。男性の人は女性が「つい先ほどまでは機嫌がよかったのに、何で急に?」なんて思う事はありませんか?

男性からすれば「女性って扱い難い」「あまり関わりたくない」と捉えがちかもしれませんね。わざとそんな風にしている訳でもないのに、女性からしてみれば「何でこんなに分かってくれないんだろう」「男性は鈍感過ぎる」と思いがちですね。その結果、苛々して喧嘩になってしまったり。長年連れ添っていれば、諦めるしかなくなってしまったり。

女性の皆さんも自分の気持ちって、常にそんなにあれこれ変わっているわけではないのに、対人となるとつい態度が変わってしまったり気分や体調に影響を受けて、変動しがちになってしまったりする事は経験有るんじゃないでしょうか?女性は特に体調の変動がありますし、ホルモンバランスも月を周期にして変わっているので影響を受けやすいんです。

そんな女心を少しずつひもといてみようと思います!男性も知っていれば、あの場面・瞬間での自分の奥さん、彼女、身近な女性も女心からの態度・行動だったのでは、と気付くでしょう。女性からすればサインを気付いて欲しい人にはちゃんと発しているものなんです。ただ、発していても見事それはほとんどが些細に思えて男性からすればスルーされてしまっているものがほとんどですね。女性からすればとてもそれは悲しい事なのですが。

女心について知る前に。メリットはこんなにたくさん!

女性の皆さんもふと振り返ってみて、何であの時あの人に対してあんな態度に出てしまったんだろう、何で怒ってしまったんだろうと言う事もしばしばなのでは?!特に気になる男性や好きな人、ごくごく身近な人に対してはそれが出やすいですよね。悪気なんて全くこれっぽちも無いのに、不思議ですよね。かと言って謝る事でもなさそう。女心の成せる業です。恋していれば尚更、めくるめく女心の世界です。

サインに気付くどころか分からないと思いがちですが、分かってしまえば「こんなメカニズムだったのか」と理解し、女性に対してもこれからでも優しくなれるのでは?また、今以上に愛しさが増すかもしれません。優しい異性が女性にとってモテるのはいつの時代も言わずもがな、ですよね。女性の方も「こんな時は自分にもある」と言う事がたくさん有るのでは?

男性と女性は女脳・男脳という言葉に代表されるように良く考え方が違うと言いますが、当然ながら同じ人間同士です。理解出来ないなんて事はありませんし、好きな人なら特にで異性の事を知りたいと思うのは生きていく上で至極当然です。家庭でもプライベートでもビジネスシーンでも。分からないより当然、分かった方が心の距離も近付くでしょう。

その時こそ分からなくても、「ああだったのか」と気付くのと気付かないのでは大きな違い。大事なのは知りたいと思うその気持ちです。分かり合う努力を何歳になっても忘れてはいけません!身近なパートナーなら尚更。難解そうな女心について、始まり始まりです。

結婚するなら現実?!女心が隠している本音とサインって

04/06/15

女性が現実主義とは良く言う事、でも本当なんでしょうか。結婚相手に女性が求めるものは一体何なのでしょう。長年付き合って来た人と別れた途端、別の人と電撃的に結婚なんて事が起こるのは何故なんでしょうか?男性にとっては傷付きますよね。乗り替えが早いと思っているかも。女心が隠している本音を探ってみましょうね。

良く恋愛と結婚は別物と言いますね。ですが、結婚は恋愛の延長上とも言われます。女性にとってはもちろん、素敵な恋愛があって延長上に幸せな結婚があればそれに越した事はありません。男性にとっても同様でしょう。でも、そううまくは行かないのが女心なんです。女性は結婚に際して、将来の妊娠・出産も考えなくてはならないんですね。男性も女性を生涯、守って行くという使命感に湧くのですが、女性はもっと保守的で家庭を守って行く事が考えの中心になって来るんですね。家庭には旦那さんも含まれますし、子供の生活も含まれます。

生活を続けるには何よりも経済的な安定だとか金銭的な事を重視してしまいがちなのもこれらから来ていますね。男性にとっては理解不能と思われがちですが、決して狡猾なわけではないんです。家庭を守るという女性としての本能が働いているんです。愛情があれば乗り越えられるだろうという考えは女性の誰にも有りますが、女性からすれば子供の将来までを考えた場合、それから自分が子育てをする環境を考えた時、汗水垂らして旦那さんと一緒に働きながら出産をして、という苦労する姿は出来れば避けたいものです。マタハラ等の言葉からも分かるように、子供を持つ女性に対して社会はまだまだ風当たりが強いんです。

なので、結婚するなら経済面で安定した人が良いと考えるのは女性にとって真っ当な事になって来ます。性格、外見ももちろん重視するポイントではありますが、自分や自分の子供の滞りない保証をしてくれるのは男性の経済力であったりするんです。恋愛において、結婚を決め兼ねていてなかなか踏み切れない内に彼女が婚活を始めていて、という話は良く聞く話ですね。結婚は恋愛の延長上と言う考え方はとても理想ですが、女心は適齢期を意識したりすることにより気持ちを切り替えられるんですね。婚活の場が一番はっきりとそれを如実に表していると思います。

何故そんなに適齢期を女性が気にするのか。それは、男性と比べて女性は妊娠が大きく関わって来るからですね。いつまでも妊娠出来るわけではなく、高齢出産は子供にとっても母体にとってもリスクが多くなる事からも昔から女性は適齢期を意識してやまなかったんですね。近年、晩婚化も進んでいて結婚するもしないも自由な風潮になって来ていますね。妊娠・出産するもしないも女性個人の自由なのですが、女性なら生まれながらに一度は思い描いてるはずの自分の将来のストーリーでも有るんです。

結婚を決め兼ねているのであれば、彼女が抱いている複雑な揺れる女心も理解してあげては?あなたの「お金が無くても自分が幸せにする」という言葉を待っているのでは?幸せの形はこれと言ってありませんね。大切な人と模索して、自分達らしい幸せを見つけて下さいね。

プライドが邪魔?甘えたいのに甘えられない知的女子のサイン

04/05/15

女性とは言うとどんな女性をあなたはイメージするでしょうか。ふんわりとした雰囲気の女の子らしい女性でしょうか。それとも、清楚で真面目そうな知的女子でしょうか?どちらにもどちらにしかない魅力が有りますよね。女らしい雰囲気の女の子には男性はその仕草や雰囲気、人懐っこさに惹かれやすいと思うのですが、知的女子も甘えたい願望を隠しているんですね。ツンデレと呼ばれるように、一見甘えたそうに見えなくても一皮剥けばあなただけに甘えてくる女の子に様変わりするはずです。

ふんわりとした女の子らしい可愛い女の子にもたくさん魅力は有りますが、知的女子の魅力について見て行きます!それからそんな女性がどんな風に甘えたいサインを送っているのか、教えます。なかなか出したくても出せない女心が働いているんです。何が歯止めを掛けているのか、それは大きなものはプライドがあります。甘えたいけれど、そんな事を言ってもし男性に断られたり拒否をされたり、自分のキャラではないと笑われたらどうしよう。年甲斐ないと思われるんじゃないか。そんな心理が頭の中で廻りに巡って葛藤しているんですね。内心は一歩踏み出す勇気が持てないんです。知的で、学歴やキャリアがある人ほど、それが邪魔してしまうんですね。

そんな事で悩むものなのかとさえ男性は思うかもしれませんが。なかなか弱音を吐けない男性とちょっと似ていますね。そんな彼女のためにどうしたら良いか。それは、自分は甘えられても絶対拒絶しないという安心感を彼女に示す事ですね。異性との付き合いに警戒する女性もいますので、信頼関係が必要です。それから長い目でみる事。甘える仕草を見せた時は出来る限り甘やかす事。

彼女には珍しいふんわりとした雰囲気の女子がするようなキャラに合わない事をあなたのためにしていたり、二人きりの時にそっと寄りかかって来たり。そんな事は有りませんか?そうでなくても、あなたに相談を求めて来たり。仕事や友人関係で何かあった時は身近な人に話を聞いて貰ったり、意見を求めて来たりというのは頼られている証拠ですよ。聞いてあげるだけでも女性は気分が落ち着きますので、頼られて有効な方向性を示せなくても嬉しいものです。

または、思い切って自分から先に彼女に甘えてしまうのも手かも。そうすれば、彼女も自分から甘えたいと示せなくても甘え合えますよね。男性が甘えるという行為は自分に心を許してくれていると女性にとっては解釈するので、あなたに対して一気に警戒心を解けるはずです。

知的女子の魅力としては、知識も豊富で会話の引き出しも多く、会話が楽しい事や自分をしっかり確立しているという事が挙げられますね。もちろん、知的女子の上を行こうと大風呂敷を広げるのも良いかもしれませんが、付き合いが長くなればなるほど当然ながらボロが出てしまうかもしれないので、飾らない本来の素の自分でぶつかる事が必要ですね!逆にプライドをくすぐるような褒め言葉が彼女を引き立てるかも。男性のタイプも様々だと思うので、知的女子の癒しになるような存在に男性がなるのも良いスタイルですよ。

男らしさ女らしさは今の時代は特にこだわる必要はないので、肝心なのは自分たちらしくある事です。彼女からのサインに気付いて知的女子の心を捕まえて。

メールの返信が来ない!どうして?どんな女心?

04/04/15

気になる彼女からメールの返信が来ない、なんて人は居ませんか?ラインだったりソーシャルネットワークを利用したやり取りでも、リプライが彼女が止まったままだと心配になって仕方なくなりますよね。定期的に返事をしてくれていたのに、何でぱったりなのか、何か酷い事でも言ってしまったのか気になりますね。どんな女心なのかひもといてみましょうね。返事が来ない場合、あなたに対して好意がある場合と無い場合がありますよ。

男性はあまり返事にこだわりはなく、メールを打つのが苦手だったりするとつい億劫になってしまい、実際会う時とは全く違った印象になってしまう人もいますよね。絵文字を使ったりスタンプを選んだり、正直面倒くさいと思う人もいるのでは?男性はまだそんな風でも理解されなくないのですが、女性のほとんどは返事はマメで絵文字を使ったり、細かいところにまで気を配ったメールがほとんどではないでしょうか。中には素っ気ない人もいますが、女性らしさと言うと可愛い絵文字やハートマークですよね。そんなメールを貰ったら気持ちも華やぐばかりか嬉しくなりますよね。それが返事が来ないのはどういった心境なのでしょうか。

脈アリの場合、距離をわざと置かれてしまっているのかも。定期的に返し過ぎてしまっては、それが当たり前になってしまいますよね。少し返事をわざと遅らせてしまったり、しばらく返さない事で、あなたの気持ちを計ろうとしているのかも。試そうとしているのではなく、女心からすればちょっとした小悪魔的なイタズラですね。

返事が来ない事で、自分を心配してくれるんじゃないか、自分の大事さに気付いて貰えるんじゃないか、そんな女心が働いていますよ。あまり責めないで下さいね。腹を立てるのではなく、「心配したよ」と余裕を持って対処するのが彼女にとっては嬉しいはず。男性は心を少し広く持って許してあげて下さいね。

さて、ここまで見て来たのは脈アリの場合です。脈無しの場合はどうなのでしょう。忘れている場合、面倒になってしまった場合、他の現実に忙殺されている事が考えられますね。女性はメール等のリプライがマメな傾向がありますので相当な事がない限り、大体一日最低一度はリプライなり既読の反応をくれるはず。気になる相手なら尚更ですね。人によりメールがマメだったりそうでなかったり長文で一通に時間を掛けたり等、ペースはあるので一概には言い切れませんが。

そう言う場合は、何かしら自分の言動が彼女に対して不快感を与えてしまったのではないかも省みて下さいね。自分のリプライがあまりに素っ気無さすぎやしなかったかも同様です。思い当たる節が無ければ、ただ自分が気づかないだけかも。彼女に聞いてみる必要があります。ネットやメールでの画面を通したやり取りでも、同じ面と向かっての人間関係と何も変わりはないので言葉は慎重に選ぶ必要がありそうです。仕事が忙しくなってしまったり急な事情が出来てしまったり、彼女には彼女の生活がありますので気長に待つ必要も有りそう。

危険サインかも?!あなたとの関係に疲れてる、のサイン

04/03/15

仕事に恋愛に、完璧にやりこなす頑張り屋の女性は特に疲れている可能性があります。つい優しい彼女に甘え過ぎたりしていませんか?そんな女性達の特徴として「本音を言えない」「甘え方が分からない」という場合が有りますよ。職場では、部下思いで上司にも評価されていて、プライベートでも完璧を演じようとする。このまま無理を続けると心の不調を来たしてしまう場合も。注意しなければならないのは、そんな女性が犯罪に手を染めてしまう場合も有るんです。ぶつける当て所ない女性の気持ちをうまく引き出すにはどうしたら良いんでしょう。発するサインは有るんでしょうか?

完璧な女性ほど、他人に必要とされたい思いが強い場合があります。自分の評価ではなく他人の評価が欲しく、他人に合わせて自分を押し殺してしまう癖ですね。自分の本来を封じ込めるというのは、抑圧に近く、とても苦しい事です。本来の自分はどんなに封じ込められても、叫びを発しているんです。封じ込める程苦しいんです。反動が出るものなんですね。

表裏が有る女性も大抵、相手に合わせて良い顔をしてしまうんです。まず第一にあなたに嫌われる事が怖いんですね。人間関係で自信が持てなかったり、心が寂しい事の裏返しなんです。

彼女の輝いている本来の姿とはどんな姿でしょう。身近な人であればある程、それに気付いてあげて心の叫びに気付いてあげる事が必要かもしれませんね。なかなか誰かに頼る事は出来ない事が多いので、もしも苦しそうだったりと助けを求められた時は精一杯傍にいて応えてあげて下さいね。心の距離が縮まれば、少しずつあなたに心を開けるようになるはず。どこかでそんな存在を心がいつも求めているんですね。なので、まだまだあなたに心をイマイチ開けていない可能性があります。

現代社会ですので、心にトラブルを持つ人は女性だけでなく男性にも多く、年々増加傾向なのは言うまでもないでしょう。心にトラブルがあると言うのは弱いのではなく、自分らしさを表現して社会と関わって行く、その流れがほんの少しうまく行かないだけなんです。生まれ育った家庭環境や生育過程で受けた影響も大きく原因していますが、これからの生活で少しずつ変えていけるはず。すぐに白黒させたいはやる気持ちは分かりますが、一緒にいる上で一人と付き合うという事は長い目が必要になりますね。

疲れていると雰囲気で感じた時は、自分から出来る事を自発的にしてみる事。家事の一つ二つでも、ゴミだしでも大丈夫ですよ。それか、息抜き出来るように彼女を一人にする事も有効と言えるでしょう。ちょっとため息が多かったり、苛々して機嫌が悪いかな、と思ったり思い当たる節は何かしら有りますよね。

男性の手腕にもよりますが、「女ならこうあるべきだ」「料理を作らなければならない」と言う彼女の固定観念を振り払って自分らしくして貰いたい旨をゆっくり時間を掛けて伝えてみては?独身女性でも完璧タイプの女性は多いですね。誰かと心の底から分かり合い、支え合えたなら寂しさも苦しさも半分になり、男性に頼る事で随分楽になりますね。あなたも彼女に心から頼られ嬉しいはずです。思い切って差し伸ばしてみてはいかがでしょうか。